ニコの部屋.com

ニコの部屋

〜わたしとあなたとみんなの備忘録〜

【おすすめ】新潟旅プラン その4 最終章 咲花温泉編

 

f:id:nira2563:20170819065420p:plain

挨拶

どうもニコです!

 

 

いよいよこの旅も終盤に近づいて参りました。

ここに来るまでの長い道のり、気になる方はどうぞこちらから。

 

nira2563.hatenablog.com

 

nira2563.hatenablog.com

 

nira2563.hatenablog.com

 

はっきりいって、今回紹介するところがこの旅の1番のおすすめです!

温泉のご紹介ですが、この温泉、実は以前にも利用したことがあります。

その時の印象が良く、また行きたいなと感じたので今回妻のお母さんを招待しました。

 

それではどんな温泉なのかみてみましょう♪

 

これもまた、わたしとあなたとみんなの備忘録ということで…。

 

 

咲花温泉 翠玉の湯 佐取館

f:id:nira2563:20170817210451j:plain

 

f:id:nira2563:20170817210631j:plain

暖簾がいらっしゃいと、お出迎え。

 

こちらの温泉、新潟県五泉市にあります。

いつものごとく詳しい内容は公式サイトをご覧下さい。 

www.satorikan.com

 

私はこのサイトに載っていない情報をお届けします!

 

お出迎え〜部屋移動

玄関の前には、従業員の方が待っており清々しい挨拶と共に、館内へエスコート。

予約の旨を伝えると、受付にポイされるかと思いきや、そのまま広い待合スペースへ更にエスコート。

ゆったりとしたソファに案内され、着座します(*´∀`*)

 

☆ここでこの旅館の良質ポイント☆

この待合スペースでの景色が最高。

運転で疲れた身体をゆったりとしたソファと景色が癒してくれます。

f:id:nira2563:20170819071701j:plain

 

そしてソファに座りながらの受付。

 

さらにウェルカムドリンクの提供

 

ドリンクも飲み終わる頃、中居さん登場。

 

部屋まで案内してくれる。

 

そして荷物を持ってくれる

 

ちょっと特別な感じでうれしい。

 

気分が良くなりますね♪( ´▽`)

 

ホテルや旅館に何軒かいっていますが、高いお金払ったな〜と思う所でも、荷物を持ってくれない所って結構ありますよね?!

 

荷物持って貰えるだけでも特別な感じでうれしく思うのは私だけ?笑

 

お部屋

私達が泊まった部屋はごく普通のお部屋でした。

ゆっくりするには十分です。

f:id:nira2563:20170819135922j:plain

 

 

 

 

もっと特別感を味わいという方は、特別仕様のレセプションフロアもあるようです。

 

f:id:nira2563:20170819144117j:plain

↑この写真は公式サイトからお借りしました。

楽天トラベルで佐取館 レセプションフロアの写真を見る。

 

記念日にこんなお部屋で特別感を演出ってのもありですね☆

 

温泉

さてさてさて、お待たせしました。

温泉旅館に来たからには温泉に入ってなんぼってもんですよね♪

 

基本情報は公式サイトから引用させてもらいます。

翠玉の湯

天然温泉100%の湯は単純硫黄温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)。
主な適応症として慢性皮膚病、慢性婦人病をはじめ、切り傷、糖尿病、高血圧症、動脈硬化症など。
- 基本情報 - Information

温泉名
咲花温泉6号井
泉質
硫黄泉(含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉)
源泉の温度
54.0℃
湯の色
エメラルドグリーン
効能(泉質別適応症)
慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、すり傷、やけど、虚弱児童、糖尿病、高血圧症、動脈硬化

 

そもそも以前利用した時に、ここの温泉旅館いいなぁと感じた理由の1つがこの温泉!

基本情報に書かれてるように、硫黄泉なので当たり前なのですが、この硫黄感がハンパない!

匂うは匂う!これぞ温泉て感じ!

 

温泉感を味わうにはもってこい!

 

さらにさらに、それだけ匂ってお肌が変わらないわけがない!

 

「美肌の湯」と定評されているというのだから間違いない!

 

家の妻もお義母さんもご満悦(*´∀`*)

 

室内の大浴場と、露天風呂がありますが、私はダンゼン露天風呂が好きでした!

 

入っていて気づいたのですが、温度が違ったし、匂い感も違ったんです。

 

なんでかなぁ?と思って表示を見てみると、

 

露天風呂は源泉かけながし!

 

大浴場は循環ろ過。

 

まぁ成分は変わらず、どちらもいい湯なんで、入り比べてみるのも面白いかもしれませんねd(^_^o)

 

 

食事

お風呂も入り終わってお腹も空いて来ましたね☆

 

食事は館内の食事処まで移動でした。

レセプションフロアだと部屋で食事できるみたいです。

 

さて席につきました。

 

じゃじゃん!まずは配膳済のお料理☆ 先付け、台の物、カニ!

f:id:nira2563:20170819165731j:plain

お品書き 

f:id:nira2563:20170819170014j:plain

先付        枝豆豆腐、ジュンサイと魚素麺

f:id:nira2563:20170819170156j:plain

ジュンサイと魚素麺がチュルチュルってさっぱり〜(*´∀`*)

 

椀物      冷やしのっぺ汁

f:id:nira2563:20170819170908j:plain

新潟の郷土料理といえばのっぺ汁!

冷やしても美味い! 出汁がきいてるぜぃ!

 

お造り

f:id:nira2563:20170819170536j:plain

お造りも間違いないね♪

 

焼物八寸        沖目鯛の枝豆焼き、天麩羅

f:id:nira2563:20170819171737j:plain

ちっちゃいカニも食べれます。美味しかった☆ 

 

台の物       鳥塩鍋 

f:id:nira2563:20170819171356j:plain

 

蒸し物     里芋の茶飯包み

f:id:nira2563:20170819174447j:plain

すんません!興味深過ぎて写真撮るの前に食べちゃいました。

里芋潰したやつをご飯で包んであって、中にチーズが!ホクフワで食べ応え抜群の一品!

 

食事      コシヒカリ、味噌汁、香の物

f:id:nira2563:20170819175404j:plain

最強!

 

水菓子     抹茶プリン

f:id:nira2563:20170819175528j:plain

抹茶で甘すぎないのでお口のなかもさっぱりです♪

 

美味しかったで〜す!ご馳走様でした!

 

しっかーし!娘のご飯はというと。

f:id:nira2563:20170819180303j:plain

手がつけられていない…。

 

娘よどうした……!?

 

…..zzzZZ

 

寝てました。

 

どうしようと悩んでると…。

 

中居さんがナマモノ以外でしたらお部屋に持っていけますと!

 

言ってくれるじゃあーりませんか!

 

ということで部屋まで運んでもらいました。

部屋に戻りちょっとしたら起きて食べてました♪

ありがとうございました!m(__)m

 

 

SL好きの方へ

「SLばんえつ物語」が毎年4月から秋までの土曜・休前日、日曜日を中心に1日1往復走行するそうです。

旅館のすぐ側に線路があるので、間近で見るにはもってこいの場所ですね。

露天風呂からも線路見えたから、風呂に入りながらとかもよさそうですね☆

 

終わりに

最後になりますが、今回紹介した「咲花温泉 翠玉の湯 佐取館」おすすめポイントをまとめます。

 

・おもてなし感がハンパない!特別感を味わえる。

・硫黄感がハンパない!温泉感を味わえる。

・料理は文句ない!満腹感を味わえる。

・SLが見れる!

 

こんなお宿に泊まりたいという方は是非行ってみて下さい。

 

それでは〜( ´ ▽ ` )ノ